東京で焼肉を楽しむならにおいの気にならない店へ

東京の焼肉店はにおいに配慮した店が多く存在します。それは、焼肉を食べに気軽に通うことができる店というよりも、デートや接待で利用するような洒落た店が多いことは理由のひとつと思われます。においのもとは、肉を焼いたときに出てくる煙によるものです。肉の旨味は脂身の部分にあるといわれるくらいなので、どうしてもさしの入った肉を焼くと煙が出てしまいます。最近人気のあるホルモンの一部にもその傾向が見られるでしょう。



このことから、おいしい肉を食べるときはにおいが付くことは諦めなくてはならないような雰囲気がありました。しかし、髪の毛に付いたにおいは帰宅後髪を洗えば取ることができますが、衣類に付いたにおいを取るのは結構大変なので困ったことがある人も多いはずです。このにおい問題が解決できれば、もっと多くの人が東京の焼肉店を利用してくれるという思いから無煙ロースターが登場しました。



現在では、東京だけではなく、さまざまな地域の店で導入されており、とくに女性に喜ばれています。その結果、女子会でおしゃれな焼肉店を利用する人も増え、外食サービスでは「焼肉」は不動の強さとなっています。いまでは、おしゃれな服装でも立ち寄れる店となったのはいうまでもありません。